花曼荼羅

E632830B-9625-4362-8CDA-CC635BEE5C38.jpeg

押し花を使って、曼荼羅を創っていきます。 

曼荼羅は、世界観、宇宙観、悟りの境地を表現しているといわれています。

マンダラとはサンスクリット語で「円、輪及び中心との関係」という意味を持ち、語源は「本質のもの」「丸い」という意味があるそうです。

そして「円、輪の周りに組織されるあらゆる形」を表現しています。

細胞とその核、太陽とその周りを回る惑星、植物の構造、私達は曼荼羅の中で生きているともいえます。

曼荼羅の構造は創造と宇宙の調和を表し、内部にある小宇宙と外部にある大宇宙を繋ぐものになっています。

私が押し花で制作する曼荼羅は正確な意味でのデザインではないかもしれませんが、お花を一輪一輪、

花びらを一枚一枚重ねていく時間はとても集中し雑念が消えていきます。雑念が消え集中している時は、

宇宙と内なる自分に繋がっているともいえます。そういった意味では立派な曼荼羅かな?と思っています。

そもそもお花自体の構造が曼荼羅ですからね🌻

 

花曼荼羅は材料さえあれば誰でもつくれます。

今後皆で楽しく集中して制作できるような場所をつくっていきたいと思っておりますのでよろしくお願いします♥